ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートなどインテリアとしての役割だけではなく、思い出を色あせずに残すという意味でも、その存在が一般的になっています。

色あせない花

お気に入りリンク

ブライダルの花としてプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは使用した後の花を保存するというイメージを持つ人も少なくなりません。

ですが、ブライダルなどに使用する、ウエディングブーケやブートニアなどは、結婚式の間など、水分補給ができずにスポットライトを浴びせられ、乾燥した状態に長時間放置されてしまいます。

その上、式が終わっても、直ぐに水分補給などができずせっかくの思い出の花を台無しにしてしまうことも少なくありません。

環境が悪い状況に置かれてしまった花は、見た目には綺麗に見えても、既に劣化が始まってしまっているのです。

こういった、状況の花をプリザーブドフラワーにしても、生花の状態によっては、長く持つプリザーブドフラワーにならない可能性なども出てきてしまいます。

ブライダルに使用する花を、生花ではなく、プリザーブドフラワーを使用することによって、ブーケの一番いい状態を長時間保つことが可能になります。

また、プリザーブドフラワーをブーケに使用することによって、事前に写真撮影を行う際に、挙式の当日に使用するブーケと同じもので写真撮影なども可能になります。

美容整形で豊胸の施術を受けたい方へ

美容整形の豊胸について気になる美容外科クリニックをチェック。豊胸の美容整形施術について。