ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートなどインテリアとしての役割だけではなく、思い出を色あせずに残すという意味でも、その存在が一般的になっています。

色あせない花

結婚式の引き出物を贈る

ブライダルの花としてプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは使用した後の花を保存するというイメージを持つ人も少なくなりません。

ですが、ブライダルなどに使用する、ウエディングブーケやブートニアなどは、結婚式の間など、水分補給ができずにスポットライトを浴びせられ、乾燥した状態に長時間放置されてしまいます。

その上、式が終わっても、直ぐに水分補給などができずせっかくの思い出の花を台無しにしてしまうことも少なくありません。

環境が悪い状況に置かれてしまった花は、見た目には綺麗に見えても、既に劣化が始まってしまっているのです。

こういった、状況の花をプリザーブドフラワーにしても、生花の状態によっては、長く持つプリザーブドフラワーにならない可能性なども出てきてしまいます。

ブライダルに使用する花を、生花ではなく、プリザーブドフラワーを使用することによって、ブーケの一番いい状態を長時間保つことが可能になります。

また、プリザーブドフラワーをブーケに使用することによって、事前に写真撮影を行う際に、挙式の当日に使用するブーケと同じもので写真撮影なども可能になります。

センスも必要なプリザーブドフラワー

学校に通っている人や、または独学で勉強している人が多いのがプリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーは、材料を集めてやり方が分かれば誰でもできるというのではありません。最終的にはセンスなども必要になってきます。

たくさんある花の中からどの花を選んでくるかという事は大切ですし、自由にカラーリングできますので、色彩感覚なども求められる事でしょう。

自分にはセンスがないから、とあきらめてしまうのではなくて、他の人の作品など素晴らしい物をたくさん見て、自分のセンスを磨く様にするといいでしょう。

誰がみても、本当に美しいと感じる様な素敵なプリザーブドフラワーに仕上げたいですね。

プリザーブドフラワーについて

プリザーブドフラワーFunではプレゼントやプチギフトに最適なプリザーブドフラワーに関する情報や、結婚式の引き出物、結婚式場といった情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちら。全国対応の引き出物宅配サービスや大阪京都の結婚式場についてはそれぞれの専門サイトをご覧ください。