ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートなどインテリアとしての役割だけではなく、思い出を色あせずに残すという意味でも、その存在が一般的になっています。

色あせない花

結婚式の引き出物を贈る

思い出の花をプリザーブドフラワーにして保存

結婚式や卒業式、友人との思い出の花束など、そのままの状態を思い出と共に形として残しておきたいと思う人も多いのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーでは、そんなことも可能なのです。思い出の花束や自身で育てた思い入れのある花がずっと咲き続けることができるのです。

また、プリザーブドフラワーでは、色々なアレンジが可能です。

一般の花束などと違い、水を必要としないため、アレンジの制約を受けにくいためなのです。
硝子のケースにいれたり、額に入れて壁にかけたり、紙などの容器に入れたりすることができます。

プリザーブドフラワーでは、思い思いの方法で花を咲かせ続けることができるのです。

フルーツも加工するプリザーブドフラワー

花を長期保存する事ができる特殊な液体に浸す事で脱色や脱水を行う事ができます。そして、更に好きな色に着色する事でプリザーブドフラワーは完成します。

プリザーブドフラワーという名前の通りに、最初は花の加工だけが行われていました。

しかし、現在では花だけではなくて、フルーツも花と同じ様に長期保存の加工を行う事ができます。フルーツも何もしないままでは、新鮮さが失われてしまいます。しかし、加工を行ってあげる事で、長い間フレッシュな状態を保つ事ができます。

フルーツと花を一緒に飾る事もできる様になりました。比較的新しいこの技術は現在でも、引き続き現在においても開発が行われています。

プリザーブドフラワーについて

プリザーブドフラワーFunではプレゼントやプチギフトに最適なプリザーブドフラワーに関する情報や、結婚式の引き出物、結婚式場といった情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちら。全国対応の引き出物宅配サービスや大阪京都の結婚式場についてはそれぞれの専門サイトをご覧ください。