ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートなどインテリアとしての役割だけではなく、思い出を色あせずに残すという意味でも、その存在が一般的になっています。

色あせない花

お気に入りリンク

思い出の花をプリザーブドフラワーにして保存

結婚式や卒業式、友人との思い出の花束など、そのままの状態を思い出と共に形として残しておきたいと思う人も多いのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーでは、そんなことも可能なのです。思い出の花束や自身で育てた思い入れのある花がずっと咲き続けることができるのです。

また、プリザーブドフラワーでは、色々なアレンジが可能です。

一般の花束などと違い、水を必要としないため、アレンジの制約を受けにくいためなのです。
硝子のケースにいれたり、額に入れて壁にかけたり、紙などの容器に入れたりすることができます。

プリザーブドフラワーでは、思い思いの方法で花を咲かせ続けることができるのです。